コラム / まとめ

【悲報】FUJIFILM X-Pro2が故障したので修理に出しました。

こんにちは!たけしです!

タイトルにある通り、愛機であるX-Pro2を修理に出しました。

「ブログに書かなくてもいいかな」と思ったのですが、念のためログとして残しておきます。

突如電源が入らなくなるという症状

  1. 突然カメラの電源が入らなくなる
  2. バッテリーの出し入れをすると復活するものの工場出荷時の設定に戻る

X-Pro2の初期の特定ロットに症状2のものはあったみたいです。

ですが、そちらの症状に関してはファームウェアで解消済みなので、今回はまた別の症状なんだと思います。

私のX-Pro2は結構前からこの症状を抱えていたのですが、極稀に発生するくらいだったので修理にも出さず使い続けていました。(今思えば保証が効く段階で修理依頼出しておけばよかった)

しかし、最近この症状が頻発するようになり、ひどい時は1日4回も発生しました。

想像してみてください。

写真を撮りたいときに電源を入れても点かず、やっと点いたと思ったら工場出荷時の画面になり、再度設定し直すストレスを。これを1日4回繰り返すのです。

こちらの方が私と似たような症状を訴えていましたので参考までに。

x-pro2故障①フジヤカメラで購入したカメラ 故障 ?!

考えられる原因

互換バッテリーを使っていた

私はFUJIFILM純正のバッテリーではなく、ロワジャパンの互換バッテリーを使用することもありました。

しかし、FUJIFILM純正バッテリーでも同症状は発生したので互換バッテリーが原因ではなさそうです。

気温?

X-Pro2は-10度動作保証がされているので無いとは思っているのですが、この症状が発生する日は寒い日の屋外だったことが気になります。

いざFUJIIFLMサービスセンターへ

大阪・心斎橋のFUJIFILMサービスセンターに行きました。

簡単な問診を受け、とりあえず調査しますとの返事を頂き、引き取られていきました。

返却され返ってくるのは2,3週間後とのこと、くぅ…キツイ…!

提示された修理代金

電源系統の不具合であれば、中の基盤が故障していることが多いとのこと。

基盤のパーツ代が10,000円、その交換の工賃が15,000円とのこと。

本人に落ち度がなければ基本的に無償で対応してくれるAppleの対応に慣れすぎて、「え!お金かかるのか!」と思ってしまいました。税込みだと27,000円くらいか、高いなぁ・・・。

もちろん故障内容を見てもらって、修理するしないの対応は委ねるとのことでした。

また続報を書きます

少なくとも2月末にはどういう結末になったのかが分かるかと思いますので、また続報を書きます。

修理費用も痛いですが、それよりもカメラが無いというのがキツイです。

X-Pro2が修理中の時に使う用のX-Pro2が必要です。

おわり!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください