ギターカポを買うなら定番のSHUBBのC1がおすすめ!

こんにちは!たけしです!

定番のギターカポが欲しくて、SHUBBのギターカポを買いました!

というのも、持っていたカポを紛失してしまったんです。

楽器関係の小物って何故か気が付いたら無くなっていませんか?私だけですか?

アコースティックギター用の定番カポはSHUBB C1らしい

というわけで買いました。

何の変哲もない、よくあるカポです。

念のため、SHUBBについて書いておくと、読み方はシャブ(ちょっとアレな名前ですね)で、定番ギターカポと言えばSHUBBというくらいの存在らしいです。

初心者でも買い求めやすい価格でありながらもプロの愛用者も多いという驚異的な定番っぷりです。

素材は真鍮製で、ギターのネックを挟み込む部分にはゴム素材が使用されているため、ギターを傷つけにくいです。

[chat face=”takeshi-icon.jpg” name=”たけし” align=”right” border=”gray” bg=”none” style=””]真鍮製カッコイイ[/chat]

カポの付け方

SHUBBのタイプのカポは付けるのがとても簡単です。

はい、せーのっ!

カポッ!

「カポをフレットのどの位置に付けるの正解か」かというのには色んな意見があるようですが、私はフレットギリギリに付ける派です。

ちなみにですが、カポを付けた状態であっても問題なく壁掛けスタンドに引っ掛けることは出来ました。

定番ギターカポならではの安心感

正直、今回ギターカポを買い直す際に「別にどこのメーカーのモノでもいいかなぁ」と思っていたのですが、定番のSHUBBのギターカポを選んで正解でした。

定番と言われているだけあって安心感がありますし、「ちゃんと理由を持って買った」という事実が持ち物への愛着へと繋がります。

『ギターカポ』という、ギター周辺機器ではニッチなアイテムですが、そういう細かなモノにも拘るとギターライフがより楽しくなるかも知れませんね。

ギターをやっているそこのあなた、ベースに興味はないですか

ギターだけでなくベースにも興味はありませんか。

ベースもカッコイイのですよ!