ガジェット / テック

【レビュー】MacBook Proを2015年モデルから2018年に乗り換えました

こんにちは、たけしです。

MacBook Pro 2018年モデルを購入しました。

使用し始めてから半月ほど経ったので、ファーストインプレッション的なものを書きたいなと思います。

MacBook Pro 2015年モデルからの乗り換えなので、同じように検討されてらっしゃる方の参考になれば幸いです。

今回購入したモデル

今回購入したのは、型番でいうと「MR9Q2J/A」のカスタマイズモデルです。

CPUをCore i5からCore i7に、メモリを8GBから16GBへとカスタマイズしています。

  • 13インチ
  • 第8世代のIntel Core i7(2.7GHz クアッドコア)
  • 16GB メモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • JISキーボード

というなかなか良いスペックです。

ストレージは256GBで足りる(私の場合)

上記のスペックを見て、「ストレージ足りないんじゃないの?」って思われた方もいらっしゃるかと思いますが、私の場合は足ります。

というのも、私はローカルストレージにファイルを置かずに基本的にクラウドで運用しているためです。

写真に関してはトラベルフォトグラファー御用達のLacie Ruggedという外付けHDDを使用し、その他のファイルに関してはDropboxの1GBプランを契約し、そこに保存しています。

前まで使用していたMacBook Pro 2015ではこちらを使用していましたが、今回のモデルでは端子が合わなくなってしまいました。

メインの使い方はクラムシェルモード

私はMacBook Proをクラムシェルモードをメインで使用しています。

クラムシェルモードとは、MacBookを完全に閉じてしまい、映像を外部ディスプレイに表示し、なんちゃってデスクトップPCのように使用するモードです。

参考 → クラムシェルモードの解説(Apple公式)

ちょうどこのような感じになります。

自宅で作業する際はクラムシェルモード、外に持ち出す際はUSB-Cケーブルを抜きカバンに放り込むという運用をしています。

個人的な意見ですが、自宅でも出先でもMacBookを使いたい人にとっては、クラムシェルモードが最適解だと思っています。

MacBook Pro 2015年モデルからの乗り換え

今回のモデルを購入するまではMacBook Proの2015年モデルを使用していました。

  • 13インチ
  • 第5世代のIntel Core i5(2.7GHz デュアルコア)
  • 8GB メモリ
  • 256GB SSDストレージ
  • JISキーボード

2015年モデルと今回購入した2018年モデルでは、CPUの世代が違っており処理性能が上がっているのは当然なので詳しい言及は避けますが、体感的にはサクサクです。

MacBook Pro 2015と2018を比較して変わった点

ハードウェア的な部分でも大きくアップデートがされています。(3年も経つと当たり前ですが)

具体的には

  • 本体重量軽量化
  • 物理ファンクションキーが排除されTouch Barが採用
  • 指紋認証(Touch ID)が採用
  • トラックパッドの大型化
  • 各種端子を全廃止しUSB-Cに統一
  • SDカードスロットの廃止
  • True Toneディスプレイを搭載
  • キーボードの構造が刷新され薄型化

でしょうか。

3年間Macを更新していなかったので、浦島太郎状態です。

MacBook Pro 2018を購入した理由

2018年モデルを購入した理由はとても些細なことで、先日契約したWiMAXルーターの充電端子がUSB-Cなのを見て、「あ、これ以上端子が増えるのは嫌だな・・・」と思ったからです。

今まで運良くLightningコネクタとmicroUSBでやりくり出来ていたのですが、そこにUSB-Cが参入してきて嫌気がさしたという経緯です。

元々そろそろ乗り換え時かなと思っていたこともあり、2018年モデルへの乗り換えに踏み切りました。iPhoneとiPadもすべてUSB-Cにしてほしいです本当。

MacBook Pro 2018年モデルの現時点でのレビュー

Macを乗り換えてから半月近くが経過したので現時点でのレビューというか、ファーストインプレッションを書いておきます。

良かった点

  • 2015年モデルにはなかったスペースグレイが選べた
  • 15インチモデルの優遇が抑えめになり、13インチでもハイスペックになった
  • クアッドコアCore i7はサクサクで、したいことがストレスなく行える
  • 2015年モデルに比べて直線的なデザインになっていて、個人的には好み
  • キーボードの打鍵感が個人的に好み

イマイチな点

  • クラムシェルモードで運用しているとTrue Toneディスプレイの恩恵を受けない(私のせい)
  • Touch Bar、マジで使わない
  • Touch IDは便利だけど、クラムシェルなので触れない(私のせい)
  • Touch IDは便利だけど、Apple Watchがロック解除してくれるから使わない(私のせい)
  • SDカードスロット廃止は愚の骨頂

クラムシェルで運用している私の場合使わないという機能が一部ありますが、ノートPC単体として使う場合はかなり完成度が高いマシンだと思います。

しかし、SDカードスロット廃止だけは腑に落ちないです。

  • USB-Cで充電できるからMagSafeアダプタ廃止な → まあ分かる
  • USB-Cが上位互換だからUSB-Aは廃止な → 分かる
  • USB-Cで映像出力出来るからHDMI廃止な → 分かる
  • SDカードスロット廃止な → なんで???

Appleの中の人はiPhoneでしか写真撮らないんでしょうか。写真が趣味でSDカードを多用する私にとってはかなり辛いポイントです。

文句言っちゃたけど概ね満足

褒めるつもりが文句ばかり言ってしまいましたが、購入して概ね満足しています、

というのも、ちまちまとブログを書いたり、DTMをしたりしているので、MacBook Proには半ば仕事道具のような気持ちを抱いてます。

処理性能の向上によって作業効率が上がり、道具が変わったことによってモチベーションが上がるのならいい買い物をしたと言えると思います。要するに、いい買い物だったかどうかの判断は今後の自分の行動次第かなぁ、と。

(パソコンに限らず)高い買い物をした時には、そのモノのおかげで成長出来たと思えるように行動で示していきたいですね。

MacBook Proに合うアクセサリーを集めました

USB-Cへの変更に伴い、周辺機器を刷新しなければならなかったので、まとめた記事を書いてみました。

よければ参考にしてみてくださいね。

MacBook Proと一緒に買いたいUSB-C対応の周辺機器とアクセサリこんにちは、たけしです。 先日、MacBook Proの2015年モデルから2018年モデルに乗り換えました。 その乗り換えで最も大...