ガジェット・テック

新型iPad Pro(2018年モデル)が発表!特徴やスペックをまとめました!

こんにちは、たけしです。

Appleが2018年モデルの新型iPad Proを発表しました。

大きなトピックを完結にまとめると以下の通りです。

  • iPhone Xのようなフルスクリーンディスプレイを搭載
  • 角ばった新デザインを採用
  • ホームボタンがなくなりFace IDを搭載
  • USB-C端子と搭載
  • Apple Pencil、Smart Keyboardの新型も合わせて発表
  • Apple Pencilの充電方法がスマートに
  • 11インチと12.9インチの2サイズ展開

超大型のアップデートなので、今回の発表は今まで以上にテンションがあがりました。

iPad Pro 10.5インチと新型iPad Pro 11インチ(2018年モデル)のスペック比較

まずはサクッと11インチモデルと10.5インチモデルの比較です。

iPad Pro 10.5インチ 2018年モデルiPad Pro
プロセッサ A10X A12X
ディスプレイサイズ 10.5インチ 11インチ
ディスプレイ解像度 2,224 x 1,668 2,388 x 1,668
ストレージ 64GB、256GB、512GB 64GB、256GB、512GB、1TB
Face ID ×
重量(Wi-Fi) 469g 468g
重量(セルラー) 477g 468g
充電端子 Lightning USB-C

iPad Pro 12.9インチの2017年モデルと2018年モデルのスペック比較

次に2017年モデルと2018年モデルの12.9インチの比較です。

iPad Pro 12.9インチ(2017) iPad Pro 12.9インチ(2018)
プロセッサ A10X A12X
ディスプレイサイズ 12.9インチ 12.9インチ
ディスプレイ解像度 2,732 x 2,048 2,732 x 2,048
ストレージ 64GB、256GB、512GB 64GB、256GB、512GB、1TB
Face ID ×
重量(Wi-Fi) 677g 631g
重量(セルラー) 692g 633g
充電端子 Lightning USB-C

今までセルラーモデルになると10g程度重量が増加していましたが、今回のモデルは2gしか増加していませんね。11インチモデルは増加無しです。

新型iPad Pro(2018年モデル)の特徴まとめ

デザインが一新、iPad Proがベゼルレスに

via Apple

iPhone Xと同様にベゼルが薄くなり、フルスクリーンディスプレイになりました。

といっても「思ってたよりも厚いな」というのが個人的な感想です。

また、iPad本体の面取りが従来のものより角ばったものになり、より『一枚の板』感が出ました。

iPad ProにもFace IDを搭載

via Apple

iPhone X以降からiPhoneに搭載されていた顔認証システム「Face ID」がiPadシリーズにも初搭載されました。

従来の指紋認証はホームボタンに搭載されていたので、ホームボタンの廃止に伴いFace IDが搭載された形です。

iPadを縦にしても横にしても正しく顔を認証するようです。

Lightning端子を廃止しUSB-Cに!

via Apple

個人的に一番うれしいのがコレです。

iPhone5から長年採用し続けてきたLightning端子が廃止され、汎用性が高く性能が高いUSB-C端子に置き換わりました。

現行のMacBookシリーズのすべてがUSB-C端子に置き換わっている中、iPhoneとiPadはLightningを採用しているというチグハグした状況がようやく解決されます。

最近MacBook Proを2018年モデルに新調し、持ち物のUSB-C化を進めていたのでコレは本当に嬉しいです。

あとはiPhoneだけですね。

あわせて読みたい
【レビュー】MacBook Proを2015年モデルから2018年に乗り換えましたこんにちは、たけしです。 MacBook Pro 2018年モデルを購入しました。 使用し始めてから半月ほど経ったので、ファーストイ...

また、公式サイトではカメラと接続している様子も描かれていました。カメラと接続したときにどのような挙動をするかは現時点では分かりません。

ですが、カメラの写真をLightroomアプリへダイレクトに突っ込むことがもし出来れば、モバイルRAW現像のワークフローに革命が起きるかもしれません。

iPad ProでiPhoneを充電可能

発表を見ていて一番驚いたのが「iPad ProからiPhoneを充電可能」という機能です。(USB-C to Lightningケーブルで接続します)

iPad Proの充電端子がUSB-Cになったからこそ出来る機能だと思います。

個人的に『iPadの充電は余ってるけど、iPhoneの充電が切れた』ということがよくあるため、嬉しい機能です。iPadがモバイルバッテリー代わりになります。

Apple Pencilが新型に!ダサい充電方法が改善!

via Apple

従来までのApple Pencilの充電方法は『iPad本体下部のLightning端子に無理やり突き刺す』というひどいものでした。

ですが、今回のiPad Proと新型Apple Pencilの組み合わせだと、マグネットでiPad本体にくっつけて無接点での充電を行うことが出来ます

「なんでこれを最初からやらなかったんだ」と思うくらいスマートです。

また、親指が当たる部分にファンクションボタンがつきました。これを押すことで対応するアプリでペンツールの切り替えなどが行えます。

iPadがより液タブに近づいたように感じます。

あわせて読みたい
イラスト目的でiPadを使う場合、iPad ProとiPad 2018のどちらを選ぶべきかこんにちは!たけしです! iPadの2018年モデルが発売されましたね。 「低価格なiPad」という前評判が多かったので、従来のiP...

Apple公式サイトを見ると、旧型のApple Pencilが新型のiPad Proに対応していないかのように見えます。これから購入される方は注意してください。

Smart Keyboardも新型に、Smart Keyboard Folioに名前が変わった

via Apple

従来まで前面のみを保護していたSmart Keyboardですが、背面もカバーする手帳タイプのSmart Keyboardに変わりました。

従来iPadの側面にあったSmart Connectorが今モデルでは背面に移動したため、背面までカバーするSmart Keyboardに変わったのだと思います。

新型iPad Pro(2018年モデル)の発売日と価格

気になる発売日は11月7日(水)です。

iPad Pro 11インチモデルの価格(税抜き)

11インチモデルの価格(税抜き)が以下の通り。

Wi-Fi セルラー
64GB 89,800円 106,800円
256GB 106,800円 123,800円
512GB 128,800円 145,800円
1TB 172,800円 189,800円

iPad Pro 12.9インチモデルの価格(税抜き)

次に12.9インチモデルの価格(税抜き)が以下の通り。

Wi-Fi セルラー
64GB 111,800円 122,800円
256GB 122,800円 145,800円
512GB 150,800円 167,800円
1TB 194,800円 211,800円

ストレージを1TBという超特盛にするととうとう20万を超えるようになってしまいました。

ただ、これだけの大幅なアップデートでありながら最安構成だと89,800円(税抜き)です。iPhoneがやたらと高価なので、iPadはむしろ安く感じてしまうのは私だけでは無いはず。

アクセサリーの価格

新型Apple Pencilが14,500円(税別)。

新型Smart Keyboard(11インチ用)が19,800円(税別)。

新型Smart Keyboard(12.9インチ用)が22,800円(税別)。

すべてiPadと同時発売です。

iPadの発表は毎回ワクワクさせてくれる

via Apple

みんなの生活に馴染んだiPhone、仕事やクリエイティビティで活躍するMac。

それに対しiPadは中間的なポジションで、悪く言えば中途半端に感じる方もいらっしゃるかと思います。

ですが、「iPadで何が出来るかな?」と一度考え出すと「あれもやってみたい、これもやってみたい」と想像が膨らみ、とてもワクワクします。

中でもイラスト、DTM、写真を趣味としている方なら、通常のiPadではなくPro一択だと思います。

逆に、電子書籍を読んだり、大画面でブラウジングをしたりする方には無印iPadがベストチョイスなのではないかと思います。Proはオーバースペック過ぎます。

2018年モデルの無印iPadについては以前書いているのでそちらを御覧ください。

あわせて読みたい
Apple Pencilに対応した新型iPadが発表!iPad Proとの比較も!こんにちは!たけしです! 前々から「低価格なiPad」と噂されていたiPadが発表されました。 まずは気になるスペック 気になるス...