ガジェット / テック

iOS12の「ショートカット」アプリを使ってiPhoneのWi-Fiを完全に切る方法

こんにちは、たけしです。

2018年9月にAppleより発表されたiOS12にて「ショートカット」というアプリが追加されました。

以前にもブログで紹介しましたが、用意された無数のコマンドをつなぎ合わせて、一つの処理を作成するプログラミングのような機能です。

そんな「ショートカット」アプリを使って、コントロールセンターからでは完全に切ることが出来ないWi-Fiを完全に切る方法を紹介します。

勝手に街のフリーWi-Fiに繋がるの鬱陶しいですもんね。

ショートカットを作成する手順

「ショートカット」アプリがインストールされている前提で話を進めます。

「ショートカットを作成」から新規作成します。

上記のような画面が表示されると思うので、検索ボックスに「Wi-Fi」と入力してください。

すると、上記のようにWi-Fi関連のコマンド一覧が表示されますので、一番上にある「Wi-Fiを設定」をタップします。

処理一覧の画面にWi-Fi設定のコマンドが追加されました。ここでトグルスイッチをオフにします。

オフになりました。緑色が消えていればオフの状態です。次に右上の詳細設定画面へ行きます。

設定画面では、このショートカットの名前をつけたり、Siriにこのショートカットを起動させるための音声コマンドを設定出来たりします。

ここでは、Siriに「Wi-Fiを切る」と覚えさせました。

設定は以上です、お疲れ様でした。

実際にショートカットアプリからWi-Fiを切ってみる

現在Wi-Fiがバリバリ繋がっている状態です。

ここで先程作成した「Wi-Fiオフ」というコマンドを使用します。iPhoneのホーム画面の左側にあるウィジェット欄に「ショートカット」アプリを表示させましょう。

ここで「Wi-Fiオフ」ボタンを押すと、

切れました。Wi-Fi、完全に沈黙。

ショートカットアプリは創造性が刺激される

プログラミングをするような感覚のアプリと表現しながらも、今回は一つのコマンドを実行するだけでした。

これを発展させると「Wi-Fiをオンにして、YouTubeアプリを立ち上げる」という命令も可能です。

創造性が刺激され、たくさんの可能性を秘めているように感じる「ショートカット」、便利な使い方を見つけたら是非教えてくださいね。

私は音楽のプレイリスト作成にもショートカットアプリを使っています。

iOS12の「ショートカット」アプリを使ってiPhoneでの音楽体験をスマートにこんにちは、たけしです。 2018年9月にAppleより発表されたiOS12にて「ショートカット」というアプリが追加されました。 こ...