作例集

フィルムカメラで撮る平成最後の夏

まだまだ暑くて夏の暑さは終わりそうにないですが、義務教育を受けていた名残からなのか、8月31日という日付は「夏の終わり」の終わりを感じてしまう。

そして今年は、いわゆる平成最後の夏。

到るところで使われたこの表現にうんざりしてらっしゃる方もいらっしゃいそうですが、寛大な気持ちで受け流してください。平成最後の夏だから仕方ないよ。

そんな平成最後の夏、意識的にフィルムカメラを使用していました。使用したのは「写ルンです」「PENTAX SP」「YASHICA ELECTORO 35CC」の3台。

ブログの記事としてフィルム写真のアップをあまりしていなかったので、この記事で清算したいなと思う。

まずは、たけさんぽ神戸。

自身が企画したフォトウォークイベントにも関わらず、レポート記事を書かずに放置してしまっていたので、せめて写真だけでも。

兵庫県立美術館から三宮までのコースです。喋ってばかりであまり写真を撮っていなかった気がしますが、楽しかったからいいのです。

定番の大階段
シュートの瞬間狙ったけど遠いな
ガラス越しだから青い
神戸はいちいち建物がかっこいい
こういう開放感がある通りが大好き
生田神社。意図的に光源に向けたけど思った感じにならなかった

参加してくださった方々の記事はこちら。本当にありがとうございました!

▷ 安藤忠雄設計の兵庫県立美術館をライカQで撮ってきました! / blancoo house

「#たけさんぽ」はただの撮影会ではなく、写真好きが集まる交流の場【神戸フォトウォーク】 / しゅんさんぽ

▷ たけさんぽ神戸に参加して来ました!(前編) / Books だらり庵

はるかめら さん

▷ 【たけさんぽin神戸】灘〜三宮〜元町界隈をブラリ撮影。気軽に参加できるフォトウォークに参加! / きびナビ

▷ 写真と動画で振り返る神戸2018年6月 / KOBE FINDER

ストリートフォトメインの友人と、ネイチャーフォトメインの友人とフォトウォークをした日。それぞれInstagramのフォロワーが10,000人と3,000人居る、すごい。

フィルムで撮るあじさいってなんでこんなに綺麗なのか
今どき珍しいポストだったから撮ったんだと思う
新世界のディープな劇場
大好きな淀川河川敷へ
爆焼け過ぎて、写ルンですでもこんなに映った

大学の後輩たちと、ミッフィーの作者「ディックブルーナ」のデザイン展を見に、美術館へ行った。

※撮影可です
結婚おめでとう
わざわざ東京からありがとう

お盆の時期に大好きな人が東京から帰省してきた。

このブログを始める前から彼のブログは知っていて、ずっと「すごいな〜」という目線で見ていた。そこから私もブログを始め、ひょんなことから関わる機会が出来、今では仲がいいと思えるまでになった。ブログは夢がある。

久しぶり
モルトがボロボロで感光してしまっていた・・・
夏っぽい
ピントくそ外し。レンジファインダー難しい。
大好きなタカムラロースターズ。
各々リラックスしてる感じが好きです
都会のオアシス、靭公園
やっぱりフィルムで撮る花が好き
シャツの柄のクセがすごい
何もそんな姿勢で撮らなくても
全国的にもレアな、ビルの中に高速道路が走ってる様子
外国人観光客が大好きな、スカイビル
「タイマーで撮るで〜」
どういう関係か分からないけど、国籍も世代も超えてカメラの画面を二人で見てるのが良かった
この写真好き
ここにはよく行くけど、その度に第一回たけさんぽを思い出します

この日使ったのは、YASHICA ELECTRO 35CCと業務用100の組み合わせ。

初のレンジファインダー機の実践投入で不安でしたが、モルトの劣化による感光を除けばそこそこ撮れてて、よかったです。

一緒にフォトウォークした二人の記事はこちら。

フィルムカメラ縛りで大阪をフォトウォークしてきました / DRESS CODE.

▷ 大阪でフィルムフォトウォークしてきました / しゅんさんぽ

この夏、一番夏を感じたのは和歌山県にある無人島「友ヶ島」です。秋になったらまた行きたいな。

なんか、くるりのCDジャケットを思い出す
フィルムで撮る港町って最高ですよね
写ルンです、いい色だ〜
カメラ好きと遊ぶと、撃ち合いが始まりがち

友ヶ島の詳細については、「まるでラピュタの世界!和歌山県にある『友ヶ島』へ行きました」に書いています。

他にも日常的にカメラを持ち歩いていました。

大好きなカフェ「Bird Coffee」
の柵
iPhone Xは黒じゃなくて白にすればよかった
心斎橋のリロ珈琲とてもよかったです
ドライフラワー良いなぁ
祭のこの派手な色使いは夏っぽくて好きです
デジタルカメラじゃきっとこの写真は消してしまう。日常の写真こそフィルムで撮った方が良いかも知れない。
FUJIFILM女子最高です
3人でBiSHを見に行ってた
公園
大好きな天満

海、祭、花火、スイカ、浴衣のような夏の風物詩のようなものは何一つ撮れなかったけど、それはまだ元号が分からない来年の夏に任せる。

それでもこの夏はよく遊んだ。体質的に暑さに弱いが為にうんざりする季節だけれど、夏もいいなと思えるくらいに楽しんだ。

そして意外と写真を撮っていた。デジタルがメインにも関わらず、写ルンですが5本、135フィルムが9本。

そして、その内訳の多くが、いい写真を撮ろうと思って撮った訳ではなさそうな記録写真だった。デジタルカメラだと消してしまうような写真ばかり。それでも、消そうと思わないのはフィルム特有の有機質な感じが理由だと思う。

そう思うと、気合が入った訳ではない、日常の写真ほどフィルムで撮るべきなのかも知れないなぁ。