ガジェット

Apple Pencilに対応した新型iPadが発表!iPad Proとの比較も!

こんにちは!たけしです!

前々から「低価格なiPad」と噂されていたiPadが発表されました。

まずは気になるスペック

気になるスペックはこちら。

項目 スペック
画面サイズ 9.7インチ
プロセッサ A10 Fusion
Touch ID 搭載
Apple Pencil 対応

前情報として「低価格なiPad」という噂が多かったので、スペックを抑えたiPadが発売されるということを想像していたのですが、そんな事なかったです。

プロセッサがA10 Fusionチップなので、iPhone 7iPhone 7 Plusと同等の性能ということなので普通にハイスペックですね。

発表時に「世の中のほとんどのChromebookより処理性能が高い」という表現がされていたので、よほどの高負荷のアプリでない限り、現役バリバリでやっていけそうなスペックです。

遂にiPad ProでなくてもApple Pencilが使用可能に

念願が叶って、iPad Pro以外のiPadで初めてApple Pencilに対応しました。

これを喜んでいる人は多いのではないかと思います、私もそのうちの1人です。

特に、絵を書く人で「iPadほしいけどProは高いなぁ」と思っていた人にはかなり訴求力が高いのではと思います。

気になる価格と発売日は

価格は37,800円からと2017年に発売された無印のiPadと同額になっています。

低価格ではなかったですね。

発売日は本日、2018年3月28日からです。

iPad Proとの違い

あくまで2018年3月段階での、iPadとiPad Proとの違いをまとめます。

ここでは、今回発表された『iPad』と『iPad Pro10.5インチ』を比較します

スペック iPad iPad Pro 10.5
画面サイズ 9.7インチ 10.5インチ
解像度 2,048 x 1,536 2,224 x 1,668
ドット密度 264ppi 264ppi
ProMotion対応
TrueToneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
プロセッサ A10 Fusion A10X Fusion
4つのスピーカー
カメラセンサー解像度 800万画素 1,200万画素
光学手ブレ補正
4K動画撮影
SmartKeyBoard対応
定価 37,800円〜 69,800円~

ディスプレイとオーディオに関する部分ではやはりプロと銘打っているiPad Proに軍配が上がります。

しかし、価格差から考えると、一般的なユーザーに関しては通常のiPadのスペックで申し分ないのでは?と思ってしまいますね。

どんな人におすすめか

  • 絵を書くための低価格な液タブを探していた方
  • iPad Proは高いけど、Apple Pencilを使いたかった人

には、おすすめできるかなという感じです。

ただ、型落ちとなったiPad Pro 9.7インチが現在中古市場で45,000円程度で販売されているので、そこで悩みが生じてしまいそうですね。

iPad Pro 2016 9.7インチとの比較も書きました

iPad Pro 2016との比較を書きました。

主に液晶部分に顕著な違いがありますね。

あわせて読みたい
イラスト目的でiPadを使う場合、iPad ProとiPad 2018のどちらを選ぶべきかこんにちは!たけしです! iPadの2018年モデルが発売されましたね。 「低価格なiPad」という前評判が多かったので、従来のiP...

おわり!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください