観光情報

空梅雨でもやっぱりアジサイ、大阪の長居植物園へ行きました

<この記事は2017年6月20日に書いたものです>

こんにちは!たけしです!

梅雨だというのに全く雨が振りませんが、雨がふらなくても梅雨の時期にはやっぱりアジサイを撮りたい!ということで大阪の長居植物園へ行きました。

長居植物園とは?

大阪市東住吉区にある長居公園内の植物園です。

長居公園は大阪市内最大級の総合運動公園でサッカーの試合やトラック競技などでよく使用されている印象です。

その中に植物園があり、大人1人200円で入場することが出来ます。

f:id:takesanpo:20170620213432j:plain

右側全体が植物園で、長居公園全体の結構な面積を占めています。

他のアジサイの名所と比べてどうか?

関西圏だと

  • 奈良の矢田寺
  • 京都の三室戸寺

 

などが有名です。

私は三室戸寺に行ったことがありますが、それと比べるとアジサイの規模もやや小じんまりした感じです。

ですが、観光客が上記の名所ほど多くないことと敷地が広いことが相まって、観光地にありがちな「人が多すぎてイライラする!」とはならないです。

ですので、

  • 人混みが苦手な人
  • 大阪市内に住んでいる人

 

は一度長居植物園に足を運んでいて欲しいと思います。

撮った写真

植物園内はのどかの風景が広がっています。

私が行った日はとても暑かったので水分はしっかり摂ってくださいね。

ここがアジサイのエリアです。

まともに撮ったアジサイはこれぐらいです。

絵を書いているおじいちゃん、おばあちゃんが沢山居ました。

なんだかほのぼのします。

芝生付近で休憩している人も。

今回個人的に良かったのが上記の2枚です。

真っ赤なリュックと傘とアジサイと良すぎます。

これが撮れただけで満足でした。

ちなみにこれらの写真はJPEG撮って出しではなくLightroomでRAW現像したものです。

使ったカメラとレンズ

見た目も性能も自分にとって最高のカメラです。

X-Pro2を買ったら自動的に買わないといけないような気になっちゃうレンズ。

防塵防滴、高速AF、換算50mmの画角、王道中の王道。

おわりに

長居植物園で写真を撮っている時に体格の良い男性から「お!FUJIFILMユーザーや!」と話しかけられたのが嬉しかったです。

CanonやNikonのユーザーだと至る所で、メーカーが同じ人に出くわすためこんな会話にならないですよね。

少数派に属していると自分と同じグループの人を見つけると嬉しいですね、FUJIFILMユーザーでよかった!

おわり

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください