カメラ機材レビュー

【ファーストインプレッション】FUJIFILM X-H1の展示品に触れて思ったこと

こんにちは!たけしです!

FUJIFILMから噂の新機種『X-H1』が発表されましたね。

発売日は2018年3月1日とのことですが、既に大手量販店などでは展示が開始されているようです。

さっそくヨドバシ梅田で触ってきたので、その感想なんかを書きたいなと思います。

サイズ感と重量について

X-H1は従来のFUJIFILMのカメラに比べるとかなり大きいです。

X-H1を触った後にX-T2を触ると「小さいな〜」と思ってしまうほど、大きめです。

なんとフルサイズ機のSONY α7IIよりも大きいとか。

ですが、私は『ミラーレス機 = 小さいボディじゃないといけない』とは思っていません。

むしろ、『大きなレンズを付けるのであれば、ある程度大きいボディの方が良い』と思っています。

ですが、重量は気になりました、結構重たいです。

特に、X-H1にバッテリーグリップとXF16-55mm F2.8を付けた時の重さは一眼レフ機級の重量でした。

ストリートスナップ写真が中心の私にはちょっと厳しいかもしれません。

ちなみにですが、手が小さめの私が握るとコレくらいだったので、手の大きい人が握ると『小指余り』は起きるかも知れません。

手ぶれ補正の性能について

ボディ内手ぶれ補正の性能はかなりよかったです。

手ぶれ補正が付いていないXF35mm F1.4を付けて動画を撮ってみたところ、「軽めの動画なら手持ちで撮れそう」と思うくらいの手ブレの無さでした。

新フィルムシミュレーション『ETERNA』について

当然ながら新しいフィルムシミュレーション『ETERNA』も試しました。

しっかりと『動画に向いている』と書かれていたので、やはり動画を意識したフィルムシミュレーションのようです。

色味はかなり薄く、写真として使うにしてはやや眠いような気がしました。

しかし動画だと素晴らしいの一言です。

 

 

この動画が大変参考になるかと思います。

なんとこの動画、全て手持ち撮影、カラーグレーディングや色補正はしていないとのこと。

写真で言うところのJPEG撮って出し的な動画にも関わらずこのクオリティ。

この切ないシネマライクな映像を、無編集かつ手持ち撮影で作れてしまうのは1つのブレイクスルーなのでは、と思います。

右肩の液晶画面について

従来右肩の部分には露出補正を行う物理ダイヤルが配置されていましたが、X-H1では液晶モニタになりました。

これには賛否があるかと思います。

私は結構な頻度で露出補正を行うので、露出補正ダイヤルの方がよかったなぁと思っています。

ですが、上記の画像のようにかなり押しやすいところに露出補正ダイヤルを配置してくれているので、触っていてそこまで苦痛ではなかったです。(デザイン的にはやや無理矢理な気がしますが)

ちなみにですが、液晶モニタの左下にあるライトのアイコンのボタンを押すと、液晶の色が黒背景から白背景へと反転します。もう一度押すと、元に戻ります。

他のシリーズとの棲み分けについて

ヨドバシカメラにはFUJIFILMの販売員の方が常駐しておられます。

そこで直接、『X-H1がフラッグシップということでいいのですか?』と聞いてみたのですが、「販売員の我々にも伝わってきていない」という釈然としない返答でした。

X-Tシリーズや、X-Proシリーズとのコンセプトの違いや、ランク付けについては追って発表されるのでしょうか。

どういう位置付けか分からないまま購入するユーザーは不安だと思うので、早めに説明してくれると嬉しいですね。

[kanren postid=”1744″]

公式が特におすすめするレンズ

公式の資料には

  • XF16-55mm F2.8
  • XF35mm F1.4
  • XF100-400mm F4.5-5.6 & XF2X TC

 

の3本がおすすめレンズとしてラインナップされていました。

X-H1は買いのか?

X-H1のモノとしての出来はかなり良いなと思いました。

ただ「X-T2やX-Pro2から乗り換えるべきか」という質問に関してはサイズ感と重量の点で少し疑問が残ります。

一度X-H1を触ってみてから検討することをオススメします。

「サイズ、重量共に問題なし!」ということであればX-H1の購入をおすすめします。今のところ上位互換機種ですし。

今X-Pro2を使用している私の場合だと『スナップ用途を完全にX100Fに集約し、風景やポートレートなどのがっつりとした撮影のみX-H1を使う』という組み合わせでも良いかなぁと思っています。

悩みはまだまだ続きそうです(笑)

おわり!

[kanren postid=”395″]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください