ガジェット

あなたの生活習慣を変えてくれるモバイルバッテリー Anker Power Core Fusion 5000 レビュー

こんにちは!たけしです!

このご時世、大半の人がスマートフォンを持っているかと思います。

スマートフォンの処理性能は上がっても、なかなか上がらないのがバッテリーの持ち時間です。

私は自分自身を『よくスマホを触る方』だと自負(?)しているのですが、仕事がある日でも帰宅時にはバッテリー残量が30%、休日だと1日持ちません。

なので、当然のようにカバンの中には『モバイルバッテリー』が入っています。

ですが、これがまたモバイルバッテリー自体の充電を忘れてしまうんです、あるあるですよね。

最近この悪しき習慣を断ち切ってくれる革新的なAnkerのモバイルバッテリーを購入したのでレビューしてみようかと思います。

Ankerの特徴

Ankerについての説明はもう不要かと思いますが少しだけ。

Ankerはスマートデバイスの周辺機器全般を手がけるメーカーで、製品のクオリティの高さと価格の安さがもたらすコスパが最大の売りではないでしょうか。

一昔前は「モバイルバッテリーと言えばcheero」という状況でしたが、最近はAnkerが定番に成り代わっているという個人的な印象です。

Anker POWER CORE FUSION 5000の特徴

「モバイルバッテリーの充電し忘れの問題点は何か?」と考えると、スマホとモバイルバッテリーを別々に充電しているという点に行き着くかと思います。

別々で充電しているから片方の充電を怠ってしまう可能性が上がってしまいます。

要するに二重管理になっているのですね、二重管理は悪です。

この二重管理を解消し、モバイルバッテリーを充電しながらスマホも充電してしまえというのが、今回レビューするAnker POWER CORE FUSIONの最大の特徴です。

最大の特徴である収納式コンセント。

旅行なんかだと『モバイルバッテリー』と『モバイルバッテリーを充電するACアダプタ』の2つを持ち歩くことがあるかと思いますが、このPower Core Fusionの場合、コレ1つでまかなえます。

やけにスケスケなメッシュケースと、USBケーブルが付属します(※端子はmicroUSBです)

端子類はご覧の通り。

出力用のUSB端子が2ヶ所と、入力用のmicroUSBが1ヶ所です。

Anker POWER CORE FUSION 5000のデメリット

もちろんいいことばかりではなく、「これはどうかな?」と思ったところも何点かあります。

バッテリー容量の割に分厚い

これは構造上仕方のないことだと分かっているのですが、分厚いです。

コンセントのプラグの形状(幅)に合わせてデザインしなければならず、それにプラスしてバッテリーを搭載するとなると、どうしてもこれくらいのサイズ感になってしまうのでしょうね。

薄いモバイルバッテリーを使用していた人は、『従来入れていたポケットに収まらない』なんてことが起こるかもしれませんので注意が必要です。

充電後ちょっと熱い

私のこのモバイルバッテリーの使い方としては

  1. 朝起きてモバイルバッテリーをコンセントから抜く
  2. モバイルバッテリーをカバンに入れる
  3. 出先で使う
  4. 家に帰ってモバイルバッテリーとiPhoneを同時に充電する

の繰り返しになります。

この工程の2のタイミングで、ちょっとモバイルバッテリーが熱いんです、特に夏場。

直ぐ冷める程度の大した温度ではありませんが、カバンの中に他の電子機器がある場合ちょっと気になってしまいます。

火傷するような熱さではないのでそこまで気にはならないのですが、人によってはちょっと気になるかもしれません。

終わりに

デメリットはちょっとだけありますが、これを使い始めてからモバイルバッテリーの充電を忘れたということがなくなりました

大げさな表現かも知れませんが、生活習慣が変わります。

モバイルバッテリーの充電を忘れるという方!おすすめですよ!

おわり!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください