FUJIFILM

FUJIFILMの噂の新機種『X-H1』について今分かっていること

※2017年12月2日に公開した記事ですが、新しい内容の追加や文言の修正を行い、2018年1月1日に再度公開しました。

こんにちは!たけしです!

『X-H1』という名の新しいカメラが存在することが突如分かり、FUJIIFLM界隈がざわざわしています。

きっかけは先日発表されたFUJIFILM純正のRAW現像ソフト『X RAW STUDIO』内部の設定ファイルに『X-H1』という名称が存在したことから、だそうです。

[kanren postid=”1059″]

まだ噂の段階ですし、この記事の内容もほぼ海外ソースの引用になってしまうのですが、『X-H1』とは何なのか見てみたいと思います。

噂されていたX-T2Sの名称がX-H1に変わった

現行のフラッグシップ機である『X-T2』にボディ内蔵手ぶれ補正を搭載させた『X-T2S』というカメラが開発中であることは前から噂になっていました。

その『X-T2S』の名称が『X-H1』に変わったようです。

何故『X-T2S』から『X-H1』に名称変更したかの理由は定かではありませんが、『X-T2』からのマイナーアップデートモデルとして開発していたものがマイナーアップデートの範疇を超えたので、新たに『X-H1』という名を付けたのではないかと予想しています。

 

また、『X-H1』のボディ内手ぶれ補正の仕様は以下の通り

  • 全てのFUJINONレンズで動作する
  • ボディ内手ぶれ補正とレンズ内手ぶれ補正は同時に動かない(将来的には恐らく対応する)
  • センサーシフトマルチショットのような機能は付かない
  • ボディ内手ぶれ補正により画角が狭くなるようなクロップは起きない

 

ボディ内手ぶれ補正を搭載している他社のカメラメーカーよりもやや見劣りする気がするので第二弾に期待したいですね。

センサーは据え置きも、あらゆる箇所が進化

センサーはX-Pro2及びX-T2と同様の世代のセンサーを使用するとのこと。センサーの世代が変わらないということから、X-T2のマイナーアップデートモデルとして開発していたのでしょうか。

EVFの画素数がX-T2の1.3倍になるとのこと。X-T2は現状でもかなり見やすいのですが、更に綺麗なEVFとして進化しているようです。

また、シャッターを切った際のブラックアウト時間がかなり短くなり、SONYのa9の領域にも迫るほどと噂されています。(個人的にはこれは誇張されている気がします)

ボディは大型化か?

『X-H1』の軍艦部には、FUJIFILMの中判ミラーレス機『GFX 50S』のような液晶画面が搭載されるようです。

そしてグリップもより深くなり、『X-T2』と『GFX 50S』の中間くらいのサイズになるのではとのことです。

嬉しいことにボディが大型化しても、バッテリーは現行の『NP-W126S』が使用されるとのことです。これは嬉しい。

動画用カメラとして劇的進化

動画を撮影する際、『X-T2』からF-logという形式で撮影することが可能でした。LogというのはスチルでいうところのRAWデータのようなもので、情報量を多く持った、後から編集するためのデータ形式です。

しかし『X-T2』ではlogを記録するためには専用の外部機器が必要でした。

今回の『X-H1』はlogがカメラ内部で記録可能とのこと。これは一眼動画を撮る方にはかなりの朗報かと思います。

更に朗報は続き、動画撮影時に音声をモニターするためのイヤホンジャックがカメラ本体に用意されているとの噂です。『X-T2』ではイヤホンジャックは別売りの縦グリップ装着時にしか無かったので、これも大きな変更と言えるかと思います。

そして、みんな大好きフィルムシミュレーションに『Eterna』というものが加わるそうです。

聞いたことがなかったので調べてみたところFUJIFILMが製造していた映画用のネガフィルムのようです。

カメラ単体でlogの記録とイヤホンでの音声モニターが可能になり、ボディ内蔵手ぶれ補正を搭載し、映画用フィルムのフィルムシミュレーションが搭載されること、これらを考慮するとFUJIFILMはかなり本気で一眼動画市場を狙っているように感じられます。

発売日と価格

発売日には未定ですが、発表日は2018年の2月14日になるんじゃないだろうかとの噂です。2月14日に発表し、CP+でタッチ&トライが可能という流れでしょうか。

価格は2,000ドル周辺とのこと、結構高いですね。日本円で20万円を切れば万々歳ってところでしょうか。

内容次第ではX-Pro2をドナドナして、購入検討をするかと思うので出来れば安くあって欲しいです(笑)

おわり!

 

<引用元>
Fujifilm X-H1 will be Fuji’s first IBIS Camera (no Longer X-T2S)
Fujifilm X-H1: In Body Image Stabilization with Full (!!!) Sensor Readout + Internal F-Log
Fujifilm X-H1 Vs. X-T2 Size Comparison
Fujifilm X-H1 will use NP-W126S Battery of X-T2 + New Vertical Grip
Fujifilm X-H1 will have 5 Axis In Body Image Stabilization + 3 Way Tilt and Touch Screen of GFX
Fujifilm X-H1: EVF with 30%+ Higher Resolution than X-T2!
Fujifilm X-H1: Headphone Jack in Body + some sort of “4K Photo” feature
BREAKING: Fujifilm X-H1 Basically EVF Black Out Free. Close to Sony A9? Kaizen Update Possible for X-T2 & Co?
MARK THIS DATE: Fujifilm X-H1 Announcement February 14

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください