初めての単焦点レンズにおすすめ!FUJIFILM XF35mm F2レビュー!




こんにちは!たけしです!

カメラを買った時についてくるキットレンズに慣れたら欲しくなるのが単焦点レンズだと思うのですが、FUJIFILMで初めて買う単焦点レンズとして鉄板なのがXF35mm F2ではないでしょうか。

私も例に漏れずXF35mm F2を最初の1本として購入したのでレビューをしたいと思います。

初めての単焦点レンズはやはりXF35mm F2が最適か

初めてFUJIFILMの単焦点レンズを買うとなると、間違いなく名前が挙がるのがこのレンズ。

その理由は以下の通り。

  1. インナーフォーカス方式採用でAFが早い
  2. ステッピングモーターなのでAF駆動音が静か
  3. 防塵・防滴・-10度動作保証
  4. 170gと軽量かつコンパクト
  5. キレのある映り

と、これ以上ない高スペックに纏まっていることが、初めての単焦点レンズに相応しいとされる所以です。

映りにもキレがあり、開放のF2で撮っても個人的には満足で、F4まで絞ればもう十分な解像感といったところです。

私は防塵防滴であること、X-Pro2に似合うことを優先してこのレンズを購入しました。(かなり前の話ですが・・・)

XF35mm F2の購入を妨げる悩ましい存在達

しかしFUJIFILMのレンズ沼はそう簡単に決断させてくれません。

その競合となるのが以下のレンズ群。

XF35mm F1.4

XF35mm F2と同じ焦点距離ながらもF1.4と明るいです。

このレンズは、FUJIFILMがレンズ交換式のXシリーズを始める上で最初にリリースしたレンズの内の1本です。

リリース当初から『神レンズ』と評判が高かったですが、その評判は5年近く経った今でも健在で評判が高いです。

XF35mm F2を選択する上で、最もライバルとなるのはこのレンズだと思います。
現に私の周りでXF35mm F2を購入した後もXF35mm F1.4が気になって仕方ないという方が沢山います。(私もその1人)

XF23mm F2

XF35mm F2と同じ設計思想で作られた兄弟レンズです。

パット見の形状がXF35mm F2とほぼ一緒かつ、映りの評価もXF35mm F2と近いので、XF35mm F2との違いは画角のみと言えるかも知れません。

  • 建物や風景などをよく撮るならXF23mm F2
  • 一部を切り取るような撮り方をしたければXF35mm F2

というざっくりとした使い分けで良いと思います。(ハマればいずれ両方買うことになるのだから)

XF23mm F1.4

XF35mm F2と価格が違いすぎるので比較対象にはならないかも知れませんが念のため。

AFとMFを一発で切り替え可能なクラッチ機構を採用しており、巷では銘玉と評される程に映りの評価が高く、レンズ自身の質感も高いです。

ワタシ、コレホシイ。

上記3本と比較して

  • 35mm換算50mmの画角のレンズが欲しかったこと
  • 防塵防滴のレンズが欲しかったこと

上記2点がポイントとなってXF35mm F2を選びました。

外観とスペック

操作可能な部分は上段のフォーカスリング、下段の絞り環の2ヶ所です。

シンプルな作りのレンズのため特に迷うことはないかと思います。

スペックに関しては以下の通りです。

項目 内容
レンズ構成 6群9枚(非球面レンズ2枚)
焦点距離 35mm(35mm換算53mm)
開放F値 F2.0
最小絞り F16
最短撮影距離 35cm
最大撮影倍率 0.135倍
重量 170g
フィルター径 43mm
防塵防滴
手ぶれ補正

特筆すべきは軽さですかね。
レンズでこの重量はかなり軽いです。

作例

注意
以下の作例はRAW現像を行っています。

F4.0 1/60秒 ISO2500

F2.2 1/60秒 ISO2500

F2.0 1/60秒 ISO800

F3.2 1/55秒 ISO3200

上2枚が居酒屋、下2枚がライブハウスです。

35mm換算53mm相当のこのレンズだと、手ブレしないためにも少なくとも1/50秒のシャッタースピードを確保したいところですが、開放F値が2.0のおかげで十分に光を取り込めています。(最後の写真はISO3200まで上がってしまっていますが)

F2.0 1/1250秒 ISO800

F2.0 1/60秒 ISO1600

F2.0 1/140秒 ISO800

焦点距離が35mmでF2.0なので寄らなくたってそこそこのボケ量があります。

ボケを感じさせながらも背景が認識出来る程度のボケ量なのが個人的には好きです。

F2.0 1/50秒 ISO3200

猫も可愛く撮れる(?)

F2.0 1/1250秒 ISO800

スナップ風のポートレートだって大丈夫。

がっつりポートレートを撮るならFUJIFILMのXF56mm F1.2というポートレート向けのレンズのほうがやっぱり良いかも。

F5.6 1/3800秒 ISO800

F11 1/50秒 ISO200

F5.6 1/60秒 ISO1250

軽くて取り回しやすいからストリートフォトにもピッタリ。

小さめのカメラにこのレンズを付けると、街中で撮影していても周りの人に威圧感を与えません

F2.0 1/1000秒 ISO800

ほら、コーラだって飲みたくなる。

まとめ

XF35mm F2は付けっぱなしに出来る優等生というが私の総括です。

実際にFUJIFILMのカメラを使い始めてから一番写真を撮ったのはこのレンズですし、AFも早く、防塵防滴というタフネスさも兼ね備えている本当に頼もしいレンズです。

FUJIFILMのカメラを買って「初めて単焦点レンズを買いたい!」と思っているそんなあなたに最適なレンズです。

おわり!