大阪梅田のSHISHA CAFE RASで水タバコ(シーシャ)を初めて体験しました




こんにちは!たけしです!

紙巻きタバコは吸いませんが、水タバコ(以下、シーシャ)は前々から行ってみたいなと思っていたので行ってみました。

大阪でシーシャを吸うなら2ヶ所に分かれる

大阪でシーシャを吸うとなると『梅田周辺』か『心斎橋・難波周辺』の2択になるかと思います。所謂ミナミとキタですね。もちろん、そのエリアに属さない店もあるとは思うのですが、かなり偏って出店されているイメージです。

私はミナミよりもキタの方が好きなので、梅田付近で探しました。

その中でも、

  • 検索上位に出てきたこと
  • 料金が安かったこと

上記が理由で『SHISHA CAFE RAS』に行くことに。

SHISHA CAFE RASの場所

グランフロント大阪からスカイビルへ続く地下道を抜け、スカイビルの手前で左折し直進すると店付近に着きます。お店自体小じんまりとしており、やや見つけにくいため、付近に着いたあとはGoogle Mapを利用することをオススメします。

お店の雰囲気はちょっとアングラな感じ

水タバコと聞いてイメージしていた感じの、人によっては怖いと感じる風貌の方が店員さんをしておられました(笑)

ただ、こちらがシーシャが初めてであることを伝えると手とり足取り教えてくれますし、「ほんとにシーシャが好きな店員さんなんだな」と思い好印象でした。どの店員さんもフランクな接客なので、そういうのが耐え難いという方にとっては向いていないかも知れません。

客層はやはりというべきか20-30代の若い方が多めで、一部外国のお客さんもいらっしゃるという感じです。

フロアは1階と2階に分かれており、私は2階に案内されました。2階の方がアングラ感が強く、『薄暗い小部屋でソファに座った若者達が向かい合って煙を吐いている』という傍から見ると「これ大丈夫かな」という風景ですが、周りのお客さんを含めみんないい人なのでご安心を。

料金体系とオーダーの流れ

まずは料金体系です。

プラン 料金 時間
レギュラー 1,000円 1時間半〜2時間(吸い方に依存)
ラージ 1,300円 2時間〜2時間半(吸い方に依存)

これにプラスしてチャージ料(500円)が必要です。

チャージ料にソフトドリンク飲み放題の料金が含まれていますので、シーシャを吸わない付き添いの方は500円を払えばソフトドリンク飲み放題(缶)のカフェのような使い方が出来ます。(匂いが嫌じゃなければ)

オーダーの流れは以下の通り

  1. フレーバー一覧の紙を渡される
  2. フレーバーのミックス等のいろんな調整に応じてくれるので、そういった注文もそこで行う
  3. 初めての場合は吸い方を教えてくれる
  4. あとは吸うだけ(たまに店員さんが炭の交換をしてくれます)
  5. 帰りにお支払い(私が行ったときは現金オンリーでした)

また、フードやアルコールのメニューはありませんでした。
その代わり飲食料の持ち込みが許可されているので、好きに飲み食い出来ます。(香りを楽しむものなので匂いがきついものは持ち込まないようにしましょう)

そもそもシーシャとは

水タバコとも呼ばれるタバコの一種です。

  1. 炭で熱されたフレーバーから煙が生じる
  2. その煙が本体下部まで運ばれる
  3. 本体下部に溜まった水を通り濾過される
  4. 濾過された溜まった煙を吸引する

という流れです。

当然ながら体には害がありますが、その害の程度に関しては解説しているサイトや文献によってムラがあるためここでは書きません。

ちょっとだけ写真を

ピントが手前に来ちゃってますが、奥に見える赤いのが炭です。

モノクロも映える

お店の外観

終わりに

初めてのシーシャ体験でしたが、楽しかったです!

しっかりと味があるし、口から吐き出すときの香りもなかなか癖になります!紙タバコは吸わないけどシーシャは好きという方が多いのも納得でした!

今回のSHISHA CAFE RASはガレージを改装したかのようなテイストの店だったので、他の雰囲気のシーシャカフェにも行ってみたいなと思いました。

おわり!

お店情報
店名 SHISHA CAFE RAS
住所 〒531-0075 大阪市北区大淀南1-2-9
営業時間 13:00~23:00
休み 不定休
TEL 06-6136-8971
HP SHISHA CAFE RAS