YASHICAがおもしろギミック満載の新カメラ『digiFilm Camera Y35』を発表!




こんにちは!たけしです!

日本生まれのカメラブランド『YASHICA』が突如新カメラをクラウドファンディングサービスのKick Starterで発表しました。

このブログでFUJIFILM以外のカメラメーカーの情報を書くつもりはなかったのですが、あまりにもおもしろいカメラで、「これは楽しそう!欲しい!」と思ってしまったので、勢いに任せてこの記事を書いています。

どんなカメラか?

まずはこの動画を見て欲しいです。
短い動画なので、退屈しないかと思います。

美人な女性が持っているカメラはYASHICAのフィルムカメラの名機『ヤシカエレクトロ35』かと思いきや、裏蓋を開けると…

なんじゃこりゃ!!!

なんと!この見た目でデジカメ!(この時代にフィルムカメラをリリースする方がすごいと思いますが)

このカメラの肝は、上の画像のオレンジ色の部分で、このパーツを『digiFilm』と呼ぶらしい。

サイズや形はAPSフィルムに似てますね。

このdigiFilmをシーンによって使い分け、カメラ内部にセットし、写真を撮るという仕組み。

このdigiFilmには現像モジュールのようなものが内蔵されており、フィルムカメラと同じく、どのdigiFilmをセットしているかによってISO感度と色味が変更されます。

FUJIFILMのフィルムシミュレーションを取り出して物理化したような物、といえるかも…?

このカメラと同時発売になるdigiFilmは以下の4種類。

ISO1600なので暗いところでの撮影にも対応してくれそうです。
シャッター速度も早く出来るので動き物に最適です。

ISO400のモノクロdigiFilm。
これで街並み撮るの絶対楽しいと思うんやが???

ISO200のdigiFilm。
陽の多い屋外で使うなら、これを挿しっぱなしになることが多そうかな。

ISO200のスクエア(真四角)フォーマット。
YASHICAが公式に「Fits for instagram」と書いているので、このカメラ自体も近年の『チェキ』『写ルンです』『Instagram』などのブームを強く意識しているんだろうなと感じました。

もちろん、このような構造にしているということは、この4本以外のdigiFilmが今後発売されることも考えられます、楽しみですね。

スペック

このようなカメラにスペック云々と言ってしまうのは野暮だなと思う反面、やはり気になるところであります。

項目 内容
センサー 1/3.2インチ CMOSセンサー
画素数 1,400万画素
ファインダー 内蔵(EVFではなく素通しっぽい?)
F値 F2.8 F2.0(F2.0に変更されたようです)
焦点距離 35mm
最短撮影距離 1m
シャッター速度 段階式(1秒, 1/30秒, 1/60秒, 1/250秒, 1/500秒)
その他 データはSDカードに保存、MicroUSBデータ転送可、三脚穴あり、単3電池2本で駆動

バッテリーは積まずに電池駆動のみのようです。

35mm換算という表記がされていませんでしたが、センサーサイズが1/3.2インチなので、常識的に考えて35mm換算35mmというのが正しいかと思います。

それにしても最短撮影距離が1mって結構きついな・・・。

操作方法

(この説明書もレトロでいい)

  1. 単3電池を2本入れる
  2. digiFilmを装填する
  3. 巻き上げレバーを巻く(わざわざ巻き上げる必要があるのが堪らない)
  4. シャッターを切る

見ての通りこのカメラには背面液晶がありませんので、SDカードをパソコンやスマホに挿すことでようやく画像の確認が出来ます。

この辺の不便さも徹底してフィルムカメラのような操作感を再現しようとしていることが分かります。

価格

冒頭に書きましたとおりこのカメラはKick Starterにて出資を募っている段階で一般販売はされていません。

欲しい方は一般販売されるのを待つか、出資するしかありません。(通常出資をすると一般発売よりも先に手に入ります。)

出資内容は上記のようになってます。

Deluxe PackageはYASHICAファンのための特別仕様(限定ストラップ、コレクターズボックスなどが付属)のため高いですが、24時間限定の24h Kickoff ComboだとdigiFilm全種類とカメラ本体が付いて150ドル(約17,000円)です。

24時間セールを逃しても160ドルなのでそこまで変わりませんね。

早期の出資割引ということもあって24h Kickoff Comboだと通常の35%オフで購入出来るようです。ということは製品版は26,000円前後で販売されるのでしょうか。

いずれにせよ、出資者への初出荷は2018年の4月とのこと、結構先ですね。

終わりに

今までクラウドファンディングに出資したことがないのですが、初めて揺らいでます。

このカメラ絶対楽しいんです、もう分かる。
digiFilmを取っ替え引っ替えして写真撮るんでしょ?最高でしょ!

「ここは暗いからISO1600にしよ!。。。1600だとやっぱりザラザラするな〜!」とか

「モノクロdigiFilmでのストリートスナップは至高」とか言いながら撮るんでしょ??絶対楽しい。

私はフィルムカメラの雰囲気がとても好きで、でもフィルムだとどうしてもランニングコストが気になる。
このカメラがその隙間に刺さってくれるといいなと願いながら、出資するかどうかを一晩中考えたいと思います。

このプロジェクトへの出資はこちらから!

追記

出資しました!みんなで4月を待ちましょう!楽しみですね!

追記2

出資金額が1億円を突破したようです!すごい!

おわり!




1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です