FUJIFILMがX-E3を発表!X-E2やX-T20とスペック比較をしてみる!




こんにちは!たけしです!

かねてから噂をされていました、X-E2の後継機種で『X-E3』が発表されました。
X-E2よりもコンパクトなため「そうそう、これを待ってた!」って方も多いのではないでしょうか。

今回は前機種である『X-E2』と同価格帯のカメラである『X-T20』と比較をしてみたいと思います。

X-Eシリーズの位置付け

まずX-Eシリーズの位置付けを見ておきましょう。
現在のFUJIFILMには『X-Pro2』や『X-T2』というフラッグシップ機が存在しますが、X-Eシリーズはそれらに続く中級機という位置付けです。  文字で説明するとややこしくなってしまいますので表にします。

ランク 機種名
フラッグシップ機 X-Pro2 , X-T2
中級機 X-E3 , X-T20
エントリー機 X-A3

ざっくりとですが、こんな分け方になるかなぁと思います。

カメラのデザインが、一眼レフライクなものではなく、レンジファインダーカメラライクなので、X-Pro2の弟分という感じがありますね。

X-E3の特徴や気になるところ

全部のスペックをあげるとキリがないので、今回のX-E3を見て「おっ!」と思った点を羅列したいと思います。

小型軽量

これを全面に押し出しています。
まだ量販店で実機が触れるわけではないのでなんとも言えませんが、ファンイベントなどに参加している人が撮影した画像を見る限り、確かに小さそうです。

タッチ液晶 & フォーカスレバー

この2つはAFポイントを操作する機構ですが、この2つが同時に搭載されたのはFUJIFILMで初です。
と言うよりも、他社のカメラメーカーを含めてもかなり珍しいのではないでしょうか。

どちらかと言うと、

  • タッチ = 初心者向けの分かりやすい仕組み
  • ジョイスティック=上級機種に搭載されたハイアマチュア以上向けの仕組み

という差別化がされている印象があったので、両立されるのはなんだか不思議です。

また、ファインダーを覗いている際に背面液晶を指でなぞるとそれに応じてAFポイントが移動するとのこと。
CanonのミラーレスやPanasonicのミラーレスでこういうのありましたね。
「鼻があたって誤作動するんじゃねぇの?」っていう穿った見方をしていましたが、液晶の左半分のみを無効にしたり出来るみたいです、やりおる。

4K動画撮影可能

絶対に搭載されないと思っていました。

最近のFUJIFILMは「他シリーズとの差別化のために出し惜しみをせず、スペック的に積めるものは積む」というスタイルのように感じます。

FUJIFILMのカメラで初めてBluetoothを搭載

FUJIFILMのカメラで初めてBlietooth機能が搭載されました。
Bluetooth関連はハードウェアの問題であり、ファームウェアアップデートではどうしようもないため、残念ながらX-Pro2やX-T2には降ってこないでしょうね。

スマートフォンと事前にペアリングしておくと、常時接続され、写真を撮ると即時転送されるとのこと。
なんちゃってワイヤレステザー撮影みたいなことでしょうか?

地味にチェキプリントが出来る『instax SHARE』ともBluetoothで接続出来るとのこと。
チェキはフィルム代が高いので、即時転送されると怖い気もしますが。

内蔵フラッシュ非搭載

噂通り内蔵フラッシュは小型化のために省かれましたね。

その代わりなのか、クリップオンフラッシュ『EF-X8』が同梱されるとのこと。(X-Pro2には付いてこなかったぞ!)

ゴミ箱ボタンの位置

今回のX-E3のプレス画像を見て一番気になったのがこれです。

再生ボタンとゴミ箱ボタン離れ過ぎじゃない・・・???

X-Pro2やX100Fの配置がとても使いやすいからそれを継承して欲しかったなというのが率直な感想です。

X-E2との比較

項目 X-E2 X-E3
画素数 1,630万画素 2,430万画素
センサー X-Trans CMOS II X-Trans CMOS III
常用上限ISO感度 ISO6400 ISO12800
露出補正 ±3.0EV ±5.0EV
最速シャッター速度 1/4000 1/4000
連射性能 秒間7コマ 秒間8コマ
EVFサイズ 0.5型 0.39型
4K搭載 なし あり
タッチ液晶 なし あり

大きな部分のみの比較です。
全体的に今のX-Pro2やX-T2世代の性能にブラッシュアップされていますが、中級機には頑なに1/8000秒シャッターを搭載してくれませんね。
当然かといえば当然ですが。

また小型化に伴いEVFのサイズは小さくなっているようです。
実際に見た時の感覚が気になります。

X-T20との比較

価格が近く中級機同士のX-T20との比較も行います。

項目 X-T20 X-E3
画素数 2,430万画素 2,430万画素
センサー X-Trans CMOS III X-Trans CMOS III
常用上限ISO感度 ISO12800 ISO12800
露出補正 ±5.0EV ±5.0EV
最速シャッター速度 1/4000 1/4000
連射性能 秒間8コマ 秒間8コマ
EVFサイズ 0.39型 0.39型
4K搭載 あり あり
タッチ液晶 あり あり

ほぼ一緒!!!(笑)

なのでX-T20かX-E3で悩んでおられる方は、

  • 見た目
  • Bluetooth機能の有無(X-T20には非搭載)
  • 大きさ、重さ(X-E3の方が50g軽い)
  • タッチドラッグAF機能の有無(X-T20には今のところ未搭載)

くらいの差しかないのではないでしょうか・・・
好きな方を買えばいいというアドバイスが適切な気がします。

おわりに

いやー、毎度のことながらFUJIFILMの中級機はいい落とし所にまとめてくるなという印象です。

フラッグシップ機と中級機の大きな違いが

  • 1/8000秒シャッター
  • デュアルSDカードスロット
  • 防塵防滴機能

くらいしかないのは個人的には悲しいですが・・・(笑)

あと今回も同じ互換バッテリーが使えるのは嬉しいですね。