大好きな夫婦と過ごす2泊3日をCONTAX T2で撮ったという話

2018年12月、東京へ遊びに行きました。2018年4回目の東京。

とっても好きな夫婦のお家に泊めさせて頂きました。旦那さんはNo.26というブログを運営するニシムラタクヤさん。奥さんは通称あきちゃそ。

そんな二人を先日購入したコンパクトフィルムカメラ『CONTAX T2』で撮ったという話です。

Day 2 | FUJIFILM PRO 400H

何故いきなり二日目から始まるかと言うと、1日目の日が変わるちょっと前に家にお邪魔したから。残っている二人の写真はこの一枚くらい。

二人とも普段はよく笑ってるのに、カメラを向けると割と真顔になるので、これからは笑ってる所を撮っていきたい。

朝。ご飯がおしゃれ。ちょっと暗くてシャッタースピードが遅くなってしまいました。

生憎の雨の銀座。小雨だったので傘もささずに気にせずシャッターを切りました。バブアーがよくお似合いです。

大阪在住なのに、2度目のキリコラウンジ。

CONTAX T2でたまに起きるピント抜け。この写真はピントが合っていて欲しかった。

疲れていたのか寝ちゃいました。

Day 3 | Lomography lomo 400

すっぴんはダメだそうです。

起きたのが遅かったので、朝食を抜きにして昼食を外食するか検討中です。

結局食べました。

なんかご機嫌取りしていた気がします。

なんかいちいちオシャレで可愛いです。ちなみにレコードプレーヤーで再生した音楽が流れています。通は「レコード」ではなく「ヴァイナル」って呼ぶらしいです。

見送ってくれました。

男二人でそのまま青山のケーキ屋へ。この日はクリスマスイブ。大事そうに抱えてました。いい夫婦だなぁ。

コンパクトなカメラは人の生活に寄り添える

小さなカメラは人の生活に入り込みやすいです。家の中で常に大きなカメラで覗き見られてたら威圧感がありますもんね。日常を撮るならやっぱり小さいカメラだなとこの旅行で再認識しました。

そして最近は日常写真はすべてフィルムで撮影しています。フィルムと生活の相性は本当にいいですね。

2日目に使用していたのが、FUJIFILMのPRO 400H。

3日目に使用していたのが、Lomographyのlomo 400です。個人的にはlomo 400のほうが好みの色味でした。PRO400よりも安いですし。ちなみにですが、lomo 400はニシムラタクヤさんに頂きました。そんなニシムラタクヤさんのブログはこちら

業務用100とCONTAX T2の組み合わせもおすすめです

先日友人と京都・嵐山へ行ってきました。

曇っていたり薄暗い箇所もありましたがCONTAX T2の開放F値が2.8なこともあり、感度100であっても乗り切ることが出来ました。

次の記事は、その時の作例です。