読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新型iPad(iPad 2017)発売!iPad Air2との違いと「Air」が消えた理由


f:id:takesanpo:20170322003120j:plain

こんにちは!たけしです!
2017年3月21日Apple Storeのページがメンテナンス中になったかと思いきや、突如新製品が発表されましたね!

赤色のiPhoneも気になりますが、一番気になったのが

iPad Air2と新型iPadの違いどこだよ!!!というところだったので、それについて思うことを書いてみます。

新型iPad(iPad 2017)とは何なのか?

最近のiPadには3つのラインが存在しました。

  1. 初代iPadから続く9.7インチの液晶サイズを搭載し、2013年に「iPad」から「iPad Air」へ名称を変えた「iPad Air」ライン
  2. 7.9インチの液晶サイズを搭載し、Nexus7やKindle Fireの盛り上がりに対抗するかのように投入した「iPad mini」ライン
  3. 12.9インチの液晶サイズを搭載し、キーボードの脱着やスタイラスペンに対応した「iPad Pro」ライン

今回発表された「iPad」画面サイズやスペックから1番のiPad Airラインの後継種であると考えられます。

なぜ「Air」の文字が取れたのか?

公式発表があったわけではないので憶測になりますが、Appleは商品ラインの複雑さを解消させようとしているのではないかと思います。
iPad AirとiPad Proいう商品名で販売を続けていると、まるでAirでもProでもないiPadが存在するかのように錯覚してしまいますので、ProかProじゃないかの二択のように見せることで商品ラインをシンプルにしたかったのではないかと思いました。

なぜ選択肢をシンプルに見せたいのか、ということを考えるとコロンビア大学が行った「ジャム実験」を思い出してしまいます。

ジャム実験をかなりざっくり言うと、「6種類のジャムを用意した店」は「24種類のジャムを用意した店」に比べて、試食後のお客さんの購入率が6倍も多かったという実験です。

要するに「選択肢の多さはユーザーにとって幸せであるとは一概に言えない」ということです。
今回「Air」の文字が取れたのは、こういう背景があり、シンプルなラインに見せたかったのではないでしょうか。

シーナ・アイエンガーのTED〜選択をしやすくするためには〜が面白い | 22Inc.ブログ

新しいiPadシリーズのラインを確認する

新型iPadの登場により、iPadシリーズは以下のようになります。

  • iPad Proシリーズが12.9インチと9.7インチで販売
  • iPadシリーズが9.7インチと7.9インチで販売(7.9インチのiPadをiPad miniと呼ぶ)

分かりにくい「Air」の存在がいなくなったことで気持ち的にスッキリしましたね!

iPad Air2との比較

初めてスペックを見た時「え?なんか変わった?」と思ったくらい微妙な進化です。
主要な項目の違いのみまとめます。

項目名 iPad(2017) iPad Air2(2014)
カラーバリエーション 3色 同じ
CPU A9チップ A8Xチップ
画面解像度 2,048 x 1,536 同じ
背面カメラ 800万画素 同じ
重量(Wi-Fiモデル) 469g 437g
Bluetooth 4.2 4.0

かなり微妙な差ですね。
公式サイトを見ている限りだと、見た目も同じのような気がします。

CPUの性能をややあげているものの、iPhone6sと同等のもので、iPhone7のCPUより劣ります
この辺はiPad Proとの差別化のために、あえて最新でないCPUを積んでいるのかなと思います。

気になるのは、Bluetoothの規格があがっている点です。
これを上げたかった意図がよく分かりません・・・。

重さに関してはiPad Air2に比べるとやや太り、初代のiPad Airと同じ重量になっております。

容量は32GBと128GBの2パターンで販売で、32GB(Wi-Fi)が税抜き37,800円です。
税込みで約40,000円なので、前機種のiPad Air2(32GB,Wi-Fi)が現在46,000円程度で取引されていることを考えると、かなり割安であると言えます。

スペックや見た目の大幅な違いはありませんが、iPad Air2よりも最新のものがiPad Air2よりも安く買えるとなると、あえて旧機種を買う必要も無さそうですね!
iPad Air2を買おうか悩んでいた方には、かなりの朗報だと思います。

スタンドはこれがかなり安いです。

ProではないのでSmart Keyboardはくっつきませんが、これなら使えます。

おわりに

変化はあまりないものの、お買い得になったという印象!
注文は3月25日から

おわり!