読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレゼントにも最適!サラリーマンの靴下はTabioMenのロングホーズソックスで決まり!


f:id:takesanpo:20161026212410j:plain

諸君、ズレていないか?

つい先日、少し良い靴下を買いたくなった。
何故なら、ズレるからだ。
カツラでは無い、靴下がだ。

良い靴下を買うことでストレスが減るならこれは投資だと思い、さっそくTabioMenで買ってみたぞ!

良い靴下を買うまでの経緯

私は普段から靴下にあまり執着していなかった。
何故なら良い物を買おうが所詮消耗品だと思っていたからだ。
その結果、ユニクロで3足990円くらいの靴下ばかりを買うようになっていた。

私はIT系企業に勤めている。
基本的にデスクでPC作業なので、営業職の人ほど動くことがない。
それでも駅から会社までの徒歩の途中でズレる。

ズレた靴下は、丸まり、団子になり、一部分だけ側圧が強くなる。
それがまた堪らなく気持ちが悪い。

前述したが、お金を払うことで、何かの問題を解決出来、ストレスが減るならそれは投資だと思っているので、さっそくTabioMenで靴下を買ってみたぞ!

Tabio Menとは

f:id:takesanpo:20161026222330j:plain

様々な靴下ブランドを提供しているTabioという企業がある。
イオンの中などにも入っている靴下屋もTabioのブランドだ。

Tabioの中でも紳士向け靴下を提供しているブランドがTabioMenだ。
ここでブランドの紹介文を見てみよう。

「男の文化」をコンセプトに、独自のこだわりと確かな品質を志し、熟練した日本の技術を駆使して、1点1点丁重に、心を込めてつくり上げる商品群。
日本では数少ないバンナーという編機で、足の甲とソール部分とを編み分けた贅沢な靴下の提案や、お客様お一人おひとりのご要望に沿ったイニシャル刺繍サービスも実施している、究極の紳士靴下専門店です。

おいおい、紹介文が既にカッコいいじゃねえか・・・!

入店して店員さんと話してみると、スーツスタイルに履く靴下の長さはロングホーズがベストらしい!
ん、ロングホーズ?

ロングホーズのメリット

f:id:takesanpo:20161026220421j:plain
http://dictionary.goo.ne.jp/img/daijisen/ref/110856.jpg

サラリーマンがスーツ着用時によく履いている靴下は4番のスリークォーターだろう。

スリークォーターが基本の長さのように販売されている状況を見るに、この長さでも基本的には問題ないのだろう。

だが待って欲しい。
皆さんを見たことがないだろうか、足を組んだ際に見えるすね毛を!!!

家族や恋人ならともかく、見ず知らずの男性の生足ほど気持ちの悪いものはないだろう。

そこで効果的なのが5番のロングホーズだ。(ハイソックスは和製英語らしい)
膝の真下まで履いている状態のため、よほどアクロバティックなことをしない限り、足は見えない!

実際に買ってみた感想

最っ高だ!!!

びっくりするくらいズレない!
今まで安い靴下を着用してきた身としてはかなりの差に驚いた。

靴下がズレることがないので、靴下のことを意識しなくなり、集中しなければならないことに集中できるようになる。

また、TabioMenのロングホーズソックスは口ゴムが長めに取られているため側圧が分散されキツくないのだ。

ちなみに、TabioMenではイニシャル刺繍サービスを無料で行っている。
私もイニシャルである"T"を刺繍してもらった。

f:id:takesanpo:20161026222950j:plain

所要時間は30分から1時間程度だ。

まとめ

ここまで褒めちぎってきたが、最後にデメリットを1つだけ伝える。

脱いだらキモいぞ

おわり

タビオ株式会社 -Tabio(タビオ)

takesanpo.hatenablog.jp