iPhone7で音楽を聴くための3つの方法とおすすめイヤホン


iPhone7がとうとう発売されましたね。

ハードウェアの大きな変更点としては

  • イヤホンジャックの廃止
  • 物理ホームボタンの廃止
  • Felicaチップの搭載
  • 防水化

でしょうか。
この中でも特に最初のイヤホンジャックの廃止が最も取り上げられています。

”古のインターフェイスを未来のために廃止する”と聞くとアップルの英断のようにも感じられますが、そんなことどうでもいい人にとっては迷惑この上ないでしょう。

この記事ではイヤホンジャックが無くなったiPhone7で音楽を聞くためのいくつかの方法とおすすめの商品を紹介していきます。

f:id:takesanpo:20160921002802j:image

内蔵スピーカー

...嘘です冗談です。
でも、iPhoneの上下にスピーカーがついたため、音は良いらしいですよ。
ただ、公共の場でスピーカで音楽を鳴らすのは迷惑なのでやめましょう。

Bluetoothイヤホン・ヘッドホンを使う

一番妥当な線はこれでしょうか。
Bluetoothという近距離無線通信技術を使ってiPhone7と接続し、ワイヤレスで音楽を聴く方法です。

メリットはなんといっても、あの忌まわしき有線コードが消えることです。
これからの季節に有線ケーブルを使っていると、マスクやマフラーとケーブルが絡まり、どれから外すべきなのか分からないという状態になりますが、ワイヤレスだとそんな現象は起きません。

またアップルがワイヤレスを促進しようとしているので、今後ますますBluetooth接続が可能な機器が増え、世の中的に無線化の流れが出来るかもしれません。
今後のことを考えると、今のうちにBluetooth環境にシフトしておくというのも一つの手かも知れません。

また、ワイヤレス故に忌まわしき断線が生じません。これもメリットかと。

メリット

  • 邪魔なケーブルが消える
  • 今後を考えるとBluetooth機器を持っておくと便利かも?
  • 断線しない

デメリットは、構造上どうしてもBluetoothは有線イヤホンに対して音質が落ちます。
ここは仕方ないというかトレードオフな部分でもあります。

また、無線接続なので当然充電が必要になります。
ただでさえ充電するものが多い現代人に、また一つ充電するものが増えてしまうことはデメリットかも知れません。

また無線であるため、微々たるものですが遅延が生じます。
音楽を聴く分には問題ないですが、音ゲーをする際にはBluetoothという選択はかなり致命的になるかと思います。

デメリット

  • 有線イヤホンに対して音質が落ちる
  • 充電する機器が増える
  • (有線接続も可能なBluetoothヘッドホンでない限り)充電が切れると音楽が聴けない
  • 有線機器に対してやや割高(気のせい?)
  • 遅延が発生する

おすすめ商品

 これとかは手が出しやすい価格で評価が高いですね。手堅くまとまっているように思えます。

 

 さらに安価なものになると、これが評価がそこそこ高く人気が高いです。

 一気に価格が上がりますが、今私が最も欲しいBluetoothヘッドホンです。
 Boseの強力なノイズキャンセリングと優しいつけ心地、今すぐポチってしまいそうです・・・。

 

変換アダプタを使う

iPhone7に初めから付いているLightning - イヤホンジャック変換アダプタを使用する方法です。
他にも、小型なポータブルアンプを使う場合もここに含まれます。

iPhoneのLightning端子から変換機器に接続し、そこから通常の有線イヤホンを用いるという方法です。

COZOY DAコンバーター&ポータブルヘッドホンアンプ Astrapi 【国内正規品】

COZOY DAコンバーター&ポータブルヘッドホンアンプ Astrapi 【国内正規品】

 

こういったものです。

メリットとしては、今現在使っているお気に入りのイヤホンを使い続けられることが最大のメリットでしょうか。

他にも、ポターブルアンプ次第では音質の向上が見込まれるというメリットがあります。

メリット

  • 今使っているお気に入りのイヤホンを使うことが出来る
  • 有線接続なのでBluetoothより音質が良い
  • ポータブルアンプ次第では更なる音質向上が見込める

デメリットとしては、想像して分かる通りiPhoneとイヤホンの間に何か別のものを挟むわけですから嵩張ります。

また、上記のもの並に小さいポータブルアンプがまだまだ少ないのも挙げられます。

デメリット

  • iPhoneとイヤホンの間に他のものを挟むため、嵩張り重くなる
  • (ポータブルアンプを使う場合)充電が必要になる
  • 歩きながら使えるほどコンパクトなものがまだまだ少ない
  • 音楽を聞きながらiPhoneの充電をすることが出来ない

音質向上が出来るのは嬉しいけど正直実用性に乏しいかなといった印象を受けます

 

Lightning接続イヤホン・ヘッドホンを使う

イヤホンの先がイヤホンジャックになっているものではなく、Lightning端子になっているものを使うという方法です。充電とデータ転送にしか使ってこなかったLightning端子にイヤホンをぶっ挿すって変な感覚ですね。

DAC/アンプをイヤホン側に内蔵している上、有線接続なので音質はBluetoothよりは良いでしょう。
また、今までイヤホンを挿すのと同じような動作で音楽が聴けるのは魅力的ですね、Bluetoothだとペアリングが必要なのでどうしても手間がかかります。

しかし端子がLightningなのでApple製品にしか使うことが出来ません。
その点はBluetoothよりも汎用性が低いかなと思ってしまいます。

また、重要な事ですがiPhoneの充電端子を埋めてしまうため、音楽を聞きながら充電することが出来ません。

メリット

  • 有線接続なのでBluetoothよりも音質がいい
  • 今までのイヤホンと同じ感覚で使える

デメリット

  • iPhoneを充電しながら音楽を聴く事ができない
  • iPhone,iPadにしか使えず汎用性が低い

おすすめ商品

リンクスインターナショナル IC-Earphone ホワイト  ICEP-LT-04 WH

リンクスインターナショナル IC-Earphone ホワイト ICEP-LT-04 WH

 

 結構前から販売されており実績があります。
また価格もそこそこ手頃です。ハイレゾ対応を謳っています。

  

ノイズキャンセリングと簡易防滴がついています。
ややスポーツ用向けを意識しているのかもしれません。
ちょっと高いですね。

 

さらに価格が上がりました。
充電不要、ハイレゾ対応。
Lightningヘッドホンだと現状恐らくこれが最安です、高いね。
その分、音の評価もなかなか良いです。 

 

まとめ

まとめますと

  • こだわりがないなら付属のLightningイヤホン
  • すでに使っているお気に入りのがイヤホンがあるなら付属の変換アダプタを使用
  • 利便性をとり、これを機に無線化するのであればBluetoothを新規購入
  • 音質重視だけど今までのイヤホンみたいに使いたいのであればLightningイヤホンを新規購入

といったかんじでしょうか・・・

個人的には一番Bluetoothが無難な気がしますね

 

そんな感じ!!!
ためになったらシェアしてくれると喜びます!